Chapter3

Libra

(日本語訳) Chain Castle – Lesson 3 Chapter 3

Chapter 3 リソースの破棄 Move言語にはガーベッジコレクション機構がないので、スマートコントラクト内で宣言してクリエイトした、リソースのライフサイクルはコントラクトの消滅の最後まで続きます。そのため、リソースはリソースが生成されたモジュールの中でUnapckにより破棄されなければなりません。 特定のリソースをブロックチェーン内に保存しておきたいケースでは、それをブロックチェーンのアドレ...
Libra

(日本語訳) Chain Castle – Lesson 2 Chapter 3

Chapter 3 構造体 ムーブの構造体は他の言語の構造体と同じ様に、同じ型か異なる型のデータのコレクションからなるデータセットです。struct name{data: type, data:type, …}という形で構造体を定義できます。例えば… module Test { // 空のstruct struct Empty1 { } // 二つのメンバーのあるstruct st...
Libra

(日本語訳) Chain Castle – Lesson 1 Chapter 3

Chapter 3 コントラクトのmain関数 main() 前のチャプタでは、モジュール構築の仕方を学びました。そして、このチャプタではモジュールをベースにしてコントラクトを完成させましょう。 私たちは、コントラクト内に「トランザクションスクリプト」と呼ばれる、他のどのコードからもコールされない様な、ワンタイム実行コードを埋め込むことができます。トランザクションスクリプトはscript:の記述か...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました